導入事例

株式会社オーレ様

会社にとっては「絶対になくてはならないシステム」になっています。これがないと、とても効率が悪くなるんですよ。壊れてからなんとかしようという話にならない。
代表取締役:松尾 大造 様代表取締役:松尾 大造 様
スタッフの皆様も大満足。スタッフの皆様も大満足。

オーレ様は、大判出力をメインにオンライン通販を展開されています。

大判出力に使用するプリンターは、日本でも最大級の台数で、受注から印刷・出荷までのすべての工程を一貫して社内で行うことにより、「最短当日発送」を実現。業界初の「100%納期保障」など日本で唯一のサービスを可能にされています。

現在は、データの入稿、管理のツールとして、デカメールの「受け取りページ」や、オーレ様よりご発案いただいた「専用ファイルサーバー(現:らくらくDLボックス)」を導入していただいております。

今回は、代表取締役の松尾様にデカメールとらくらくDLボックスについて伺いました。

  • 株式会社オーレ(ロゴ)

インタビュー

デカメールを導入されたきっかけについて教えてください。

データの入稿方法を1つに絞りたいと思ったのがきっかけです。 導入前は、複数の無料オンラインストレージを入稿に使用していて、その時は「どのサービスを利用すれば良いのでしょうか?」というお問い合わせをよくいただいていました。 どのサービスを使用しても差はないのですが、お客様はより良い商品を求めておられますので、データ入稿の手段によっても、印刷物の品質も変わるのではないかと思われるようです。 そこで「全部一緒です」と答えるのであれば、始めから1つでいいのではないかと思い、デカメールを導入しました。

それでは、多くのサービスの中からデカメールを選んだ決め手はなんでしょうか?

クライアント目線で直観的に操作がしやすかったという点があります。 お客様の中には、データ入稿に不慣れな方もいらっしゃいますので、「メールで添付する感覚で送れるんですよ」ってご案内しやすいです。

デカメール導入後、お客様から何か反応はありましたか?

特に反応はありません。しかし、それが最高の評価ではないでしょうか。クレームはいただいていませんので。

デカメール専用ファイルサーバー(現:らくらくDLボックス)を導入いただいていますが使い勝手はどうですか?

抜群だと思います。

オーレ様のところでは、まず別の発注システムで決済と注文IDの作成を行い、その後デカメールへの入稿をされると思いますが、発注システムとの相性はどうでしょうか?

良いですね。入稿データが入るフォルダに注文IDとお客様の名前が入るようにお願いしましたので、ダウンロードする時にファイル名をつける手間が省けます。 オペレータは注文IDで識別して、その後は印刷工程に流すだけです。

業務効率の改善には役立っていますか?

役立っています。管理画面にログインしてダウンロードするという作業が全部なくなりますから。 おそらく1件当たり1分ぐらいとして、1ヶ月3000件なら、単純に3000分の短縮ですよね。良いコスト削減効果が得られています。

導入後はデカメールにログインされますか?

基本しないですね。

社内に設置する際、難しいことはなかったですか?

LANケーブルを差せば使える状態だったので、簡単に設置することができました。

2台導入していただいておりますが、何故2台必要なのでしょうか?

1台はメインとして、もう1台はスタンバイ機として保管しています。これがないと、とても効率が悪くなるんですよ。壊れてからなんとかしようという話にならない。 だから、会社にとっては絶対になくてはならないシステムになっています。

本日は、お忙しいところ貴重なお時間をいただき誠にありがとうございます。これからもデカメールをどうぞよろしくお願いいたします。

導入事例一覧

登録はわずか30秒。すべての機能をお試しいただけます。まずは30日間無料お試し!
株式会社シーズ ahref│WEBアプリケーション、フリーCGI配布 acmailer│無料で使えるメール配信CGI ACサーバー│ワンストップサポートのレンタルサーバー Copyright(c)2010 SEEDS Inc. All rights reserved.
お名前
メールアドレス
件名
お問い合わせ内容
お問い合わせはこちらから